傘寿祝いの歴史

 

昔は人の寿命が今よりずっと短かったことは、皆さんもご存じでしょう。

 

そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったといいます。そうした習慣が伝わってきたのが日本の長寿祝いの起こりです。

 

その後、平均寿命が延びて行くとともに、77歳=喜寿からの長寿祝いが日本で独自に発生し「傘寿祝い」もその一つです。ただし、その習慣が定着した時期については、実のところはっきりしていません。

 

ただ、70歳の古希祝いが発生したのが室町時代と推定されていますから、80歳の傘寿祝いはそれ以降であることは確かでしょう。

傘寿祝いの由来

 

傘寿祝いとは数え年で80歳になるお祝いとなります。「さんじゅ」または「ざんじゅ」と読みます。

 

文字の由来は傘を中国語の略字に表すと八十と読めることと、傘が末広がりに開くの意味から「傘寿(さんじゅ)」と言われるようになったといわれています。

 

ちなみに、略字の書き方は「傘」の中にある4つの「人」を省略します。すると、冠の部分(「ひとがしら」と言います)と、「十」の字だけが残りますね。それが「八」と「十」に見えるから80歳というわけですね。

 

昨今の長寿社会では、60歳の還暦祝い、70歳の古希祝い、77歳の喜寿祝いと節目節目に長寿のお祝いを行います。平均寿命という点では、この8の末広がりの縁起の良さを考えても傘寿祝いは、漢字文化と米を大切に考えてきた日本人ならではの長寿祝いといえるでしょう。

 

80歳になる傘寿の前の長寿祝いには、還暦祝いの60才、古希の祝い70才、喜寿の祝い77才があります。実際の年齢より若々しい人が多い現在、80歳の傘寿祝いからが本当の意味でも「長寿祝い」らしくなってくるかもしれません。

傘寿のお祝い

 

世界に冠たる長寿国になったとは言え、80歳ともなると男性の場合は平均寿命の年齢にあたり、これを越えると文句なしの長寿です。

 

還暦祝いや喜寿祝いには抵抗や照れもあった方でも、胸を張って長寿を誇れます。この堂々の長寿を御祝いするキーワードとなる色は「金茶色(黄色)」です。

 

古希祝い、喜寿祝いが高貴な紫色であったため、さらに上となる色としてこの色が選ばれたようです。補足として実は、色が決まっているお祝いは、還暦だけで、あとは特に決まっていないのです。

 

習慣的に、古希・喜寿は紫色、傘寿・米寿は黄色とされています。

 

金色から光沢を除いたような色と言えば想像しやすいかもしれませんが…わりきって「金色」や「黄色」と考えても差し支えありません。

 

また、「傘」の字に注目するというのも一つの方法。漢字文化ならではの日本のお祝いのかたちをいろいろ考えつくことができるかもしれませんね。

 

なお、お祝いの席を設ける際には、ご本人の体調などへの気配りが大切

 

外出がご本人の負担になるようであれば決して無理せず、ご家族の手料理やお取り寄せのお料理でホットに御祝いするというのも、それはそれでよいものです。

傘の解字

 

傘という字の成り立ちについて、紹介します。調べてみると、ちょっと難しいですね。まずは、最古の漢字辞典『説文解字』というものがあるのですが、そこに「傘」という字は載っていません。

 

つまり比較的新しい漢字であると言えます(でも『説文解字』が紀元100年頃に作られたので、新しいという感じはしませんよね)。

 

傘に相当して『説文解字』に載っている漢字は「繖(サン)」という字でした。「糸へん」に「散る」と書きます。

 

しかし、この繖(サン)は高貴な人が外出する際に、付き人がかざして使うもので、現在の柄がある傘とは別物です。のちに柄のある傘が登場したところで、傘という漢字も作られました。

 

「傘」という字を分解すると「个(カと読みます)」「一」「人」になります。「八」「十」「人」ではありません。傘寿の語源は「傘の略字が、八十と読める」ということだったんですけどね。

 

そして「个(カ)」とは、ひさしの意味で、そこに人が集まる(1つになる)という意味の「一」「人」という字を合わせて「傘」となりました。

 

そして繖(サン)から音だけもらって「傘(サン)」と読むことになった、というわけです。なかなか難しい成り立ちですね。

傘寿祝いのメッセージ

 

ご本人が元気溌剌であればよいのですが、体力に自信を無くされている場合などには、形式ばったご挨拶などは時間がかかることもあり、あまりお勧めできません。

 

できれば、一言メッセージなどを集まっている皆さんから頂戴しましょう。その際には、難しい言葉など使わず、心からの一言を。

 

一人ひとりが明るく元気よくお祝いの言葉を発するほうが祝われるご本人の気持も浮き立たせることができます。

 

また、ご本人からのメッセージも、ご本人が希望しない限りは無しでもOK。ありがとうのたった一言でも、その笑顔と喜びは充分に皆さんに伝わることでしょう。

傘寿祝いの熨斗

 

還暦祝いや古希祝い、喜寿祝いに限らず、長寿祝いの熨斗は「紅白、あるいは金銀の蝶結び」の熨斗を使います。

 

この時に気をつけたいのは、結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにします。

 

80歳という年は人生にたった一度きりしかないとはいえ、長寿のお祝いはこれから何度も続くように…と考えれば間違えないで済みます。

 

また最近は、カラフルで華やかな金包みも豊富にありますから、親しい間柄ではそうしたものを選ぶのも楽しいものです。

【表書きについて】

「傘寿御祝い」「祝 傘寿」「寿」「賀寿祝い」などの表書きが一般的です。

 

熨斗に長い言葉を書き込むことは、見た目に美しくないですし、礼にも反しますから、上記のうちのどれかを選ぶほうが良いでしょう。