あなたは傘寿(さんじゅ)祝いについて知っていますか?長寿祝いといえば還暦が有名ですが、ほかにも数多くの長寿祝いが存在します。

そこで今回は傘寿祝いの意味について解説していきます。傘寿祝いの意味、祝う年齢、由来、色などを解説するので、この機会に理解を深めてみてください。

 

傘寿の意味はなに?基本的な内容を知っておこう

還暦や古希は耳にしても、傘寿祝いを知らない方は多いです。傘寿は”さんじゅ”と読み、80歳の長寿祝いになります。日本では、還暦や古希が代表的な長寿祝いですが、ほかにも年齢ごとに用意されています。

これまで、還暦や古希、喜寿を祝った経験がある方は、その次の傘寿祝いも開催しましょう。今回は傘寿祝いの意味から由来、色や相場などを解説するので、今後の傘寿に向けて参考にしてください。

 

傘寿祝いの意味、年齢、由来、色、相場などを徹底解説!

ここでは、傘寿祝いの意味から相場まで知りたい内容を解説します。まだ傘寿をよく知らない方は、祝いの内容をおさらいしておきましょう。特に、色や相場はプレゼントを渡す上で重要なので、必ず目を通してください。

・傘寿祝いの年齢は?

傘寿は80歳の長寿祝いです。基本的には80歳になる年の誕生日や祝日などを利用して開催します。ただ、傘寿祝いの数え方によっては違う時期に開催するケースがあります。

日本には、「数え年」と「満年齢」の2つの数え方あるのを知っていますか?現在は満年齢が一般的ですが、長寿祝いに限り、数え年の数え方を導入する方は多いです。

数え年:生まれた歳を1歳として、正月を迎えるたびに1歳プラスする
満年齢:生まれた歳を0歳として、誕生日を迎えるたびに1歳プラスする

このように数え方によって、祝う時期が異なります。例えば、数え年で祝う場合は満年齢でいう79歳での開催、一方満年齢で祝う場合は数え年でいう81歳での開催となるので注意しましょう。現在は満年齢が基本なので誕生日などの開催がおすすめです。

・傘寿を祝うのはいつ?

先ほど紹介した数え方の中で、ここでは満年齢で祝う場合の時期を解説します。基本的に満年齢で祝うなら年齢を重ねる誕生日がおすすめです。ただ、傘寿の方と離れて暮らしている場合には誕生日当日にお祝いの会を設けるのが難しい場合もありますので、その際には別の日を選択肢に入れる必要があります。誕生日のほかにもおすすめの時期とメリットをまとめたので下記を参考にしてください。

【誕生日】
メリット:誕生日と一緒に開催できる、例年通りの開催になるので楽チン

【ゴールデンウィーク】
メリット:長期間の休みなので遠方に住む家族や親戚が集まりやすい

【敬老の日】
メリット:その名の通り老人を敬う日なので同時に行いやすい

この記事でおすすめしたい開催日は、やはり誕生日です。毎年誕生日にお祝いを開催している方なら、例年通りのスケジュールで日程が組めます。

ほかの日に開催する場合は、日程調整が大変な場合も多いです。実際に誕生日に傘寿祝いを開催する方は多いので、本記事でも誕生日での開催をおすすめします。

・傘寿の由来

傘寿の気になる由来は漢字の成り立ちにあります。傘寿祝いでなぜ”傘”という字が使われているのか気になる方は多いはず。実は、この傘の略字が「八十」と読めるため、傘寿祝いになりました。

そもそも、還暦や古希は中国発祥の長寿祝いですが、それ以降は日本発祥で漢字の成り立ちによる由来がほとんどです。

傘の字体が由来になっているだけで、傘そのものの意味が関係している訳ではありません。傘寿の意味が問われたら、漢字の成り立ちが由来と説明できるように覚えておきましょう。

・傘寿の色は?

長寿祝いには、それぞれにイメージカラーが存在します。例えば、還暦祝いのイメージカラーは赤、古希は紫など決められています。こうした長寿祝いの色には、高貴な色や品位のある色が選ばれやすいです。 

傘寿祝いの色は諸説ありますが、基本的には黄色がイメージカラーです。ただ、紫をイメージカラーとする場合もあるので、どちらか好きなカラーのプレゼントを選びましょう。還暦の赤ほど強制力はないので、柔軟に考えて構いません。

紫や黄色は落ち着いた品のある色合いなので、日本発祥の喜寿以降の長寿祝いには使われやすい色です。 

・傘寿の相場

◎5,000円〜3万円 

傘寿を迎えた方にプレゼントを渡す際の相場は上記の通りです。一般的な相場として紹介しましたが、子供が親に渡す場合と孫が祖父母に渡す場合で予算は変動します。また、誰かと一緒に渡したり、渡したいプレゼントがあったりする場合も変わってくるので、参考程度にしておきましょう。

傘寿祝いのおすすめプレゼントといった記事で紹介されている相場は、1万円程度のものが多いです。ご自身の予算と照らし合わせて無理のないプレゼントを送ってください。どんなプレゼントがいいのか悩んでいる方は、次の章を参考にするといいかもしれません。

 

傘寿祝いの意味を知ったら定番アイテムをプレゼントしよう!

80歳のお祝いの定番アイテム

さて、ここまで傘寿祝いの意味にフォーカスして紹介してきました。最後に傘寿祝いに適した定番のプレゼントを紹介します。還暦から始まり、なんども祝ってきた長寿祝いですが、そろそろ何を渡していいのか分からないといった悩みも出てきます。そんな時はこの章を参考にしてプレゼントを選んでください。

・花

花束は記念日にプレゼントされる方が多いアイテムです。傘寿の際にも花束は定番プレゼントとして知られています。花束をプレゼントする際は、傘寿祝いのイメージカラーである黄色を意識しましょう。黄色を基調とした花束のほか、傘寿の方の好みの色の花を混ぜたり、縁起の良い花言葉を持つ花を組み合わせたりしても素敵です。

黄色の花といえば、以下のモノが考えられます。

◎バラ、カーネーション、ダリア、マリーゴールド、コスモス、チューリップ、ガーベラ

これらの花の中には品種改良されたものも含まれますが、傘寿の花束におすすめです。ただ時期によっては流通されていない花もあるので、花屋さんやネットショップなどで確認してから購入してください。

本記事のおすすめとしてはバラやマリーゴールドです。どちらも華やかな印象があるので、黄色い花束を作った際に目立ちます。

傘寿祝いのプレゼントには花束がおすすめ!感謝を伝える花の選び方は?

・傘

傘寿に使われている漢字に着目して、傘のプレゼントが定番となっています。イメージカラーの黄色を使った傘をプレゼントすれば日常的に利用できます。お洒落な傘であれば天気に関係なく外出を楽しんでもらえます。傘をプレゼントする際は頑丈で軽く使いやすいものがいいです。ほかにも選ぶ際のポイントがあるのでまとめてみました! 

◎軽くて頑丈で使いやすいか? 
◎持ち手の部分が大きいか?
◎日傘としても使えるか? 

基本的に選ぶ際のポイントは使いやすさです。自分にとっての使いやすさではなく、傘寿を迎えた方の年齢でも使いやすいか?という点を重視しましょう。軽くて頑丈な点を基本として、持ち手部分の持ちやすさ、雨以外の用途でも使えるか?といった点は重要です。 

ここで気になるのは傘の予算です。大体3,000円〜1万円ほどで傘が購入できます。また傘寿祝いに和傘をプレゼントされる方もいます。和傘の場合は手作りのものが多いので、数万円程度の費用を考えておきましょう。

・洋服

長寿祝いの定番プレゼントといえば洋服です。還暦に赤いちゃんちゃんこと帽子を渡すのは有名ですよね。ただちゃんちゃんこは祝いの席のみで利用して、その後継続して使う方は少ないのがネックになります。そこで実用的にいつでも使える洋服をプレゼントしましょう。

洋服は、季節によってプレゼントできるものが異なります。四季に合わせた洋服をプレゼントすれば喜ばれること間違いなしです。傘寿祝いに洋服をプレゼントするなら傘寿祝いのテーマカラーである黄色のものを贈るのがおすすめです。黄色の中でも落ち着いた色味のものもありますし、身につけるだけで華やかで明るい印象になるでしょう。

【春夏】
おすすめの洋服:ポロシャツ、ストール、シャツなど
【秋冬】
おすすめの洋服:セーター、マフラー、カーディガンなど

上記に季節ごとのおすすめしたい洋服をまとめてみました。どれもブランド品じゃなければ数千円から数万円で購入できます。またコートやジャケットといった大物を購入する場合は、ブランド品ではない場合でも数万円ほどするので注意しましょう。

・アクセサリー

傘寿祝いで喜ばれるプレゼントは実用的で普段から使えるもの。特に女性に喜ばれるのがアクセサリーです。普段から身につけられるカジュアルなデザインものがおすすめになります。アクセサリーは傘寿のイメージカラーである黄色のものいいでしょう。

【おすすめのアクセサリー】
◎ネックレス、ブレスレット、指輪など

とにかく普段から身につけられるシンプルなアイテムがいいです。本記事でおすすめするのはネックレス。胸元に輝くアクセサリーは思わず外出したくなるほど目立ちます。黄色系のアクセサリーは映えるので喜ばれます。

また傘寿を迎えた男性にプレゼントするなら腕時計がおすすめ!流石に黄色の腕時計はカジュアルすぎるので、シルバー系の品のあるデザインのもの購入しましょう。

アクセサリーのプレゼントで気になるのが相場です。宝石の入っているものや、高級ブランドでなければ相場内で購入できます。ただ宝石入りやブランド品になると高くなるので注意してください。

・名入れ酒

傘寿を迎えた方がお酒好きなら名入れ酒がおすすめです。お酒は家族や親戚で一緒に飲めるので、程よくいい気分になれます。そんな名入れ酒を購入するなら、弊社から提供されているものがおすすめ!以下にメリットをまとめてみました。

【名入れ酒の魅力!】
◎ラベル部分に好きな文字や言葉を入れられる!
◎金の風呂敷、桐の箱、金粉入りで贅沢な仕上がり!
◎生まれた日や結婚記念日の記念日新聞も付いてくる!

名入れ酒の最大の魅力はラベル部分に文字が入る点。相手の名前や感謝の言葉、シンプルに「祝 傘寿」などあらゆる言葉が入ります。オリジナルラベルのプレゼントは心に残るので、サプライズ感のあるアイテムを贈りたい方におすすめです。

また名入れ酒には生まれた日や結婚記念日の新聞が付いてきます。傘寿祝いの話のネタになるプレゼントなので、会話に花が咲くこと間違いなしでしょう。当時の新聞を読みながら思い出に浸りましょう。

名入れ酒は傘寿祝いのイメージカラーである黄色を大切にしています。黄色の風呂敷に包まれた桐の箱を開けると、黄色のボトルが登場。お猪口やグラスにお酒を注ぐと金箔まで入っている充実っぷり。名入れ酒を通して少し贅沢な体験をしましょう!

傘寿祝いのプレゼントに記念に残る名入れ酒を贈ろう

 

まとめ

80歳のお祝いのプレゼントまとめ

傘寿祝いの意味を紹介しました。何歳に祝うのか?由来、色、相場を知れば傘寿祝いのプレゼントも選びやすいです。これまでよく傘寿祝いのことが分からなかった方は、本記事を参考にスムーズに傘寿祝いのプレゼントを選びましょう。