傘寿祝いとは?

 

寿祝いとは、数え年で80歳の長寿を祝います。傘が中国語の略字で八十と読めることや末広がりの意味を持つことから傘寿と言われるようになったとされています。

 

傘寿の前にも長寿のお祝いはあり、60歳の時には還暦祝いがありますし、70歳には古希のお祝い、77歳には喜寿のお祝いがあります。

贈り物は本人の意志を尊重して決めるこが大切

 

傘寿のお祝いでは、還暦の時のように特定の色のものを贈るようなしきたりはありません。

 

還暦の時には赤いものを贈るのが一般的であり、ちゃんちゃんこなどを贈る人が多いようです。

 

88歳の米寿と同じ扱いで金色や黄色のものを贈る流れが一般的ですが、プレゼントの場合は特に色はこだわらずとも良いとされています。

傘寿祝いの贈り物の種類

 

贈り物の種類に関しても、これといったしきたりはありません。

 

傘の漢字から傘を選ぶ人もいるようですが、傘をあまり使わないという場合には本人の生活習慣やライフスタイルを考慮しながら、趣味に関するものや嗜好に配慮したものを選んであげるのが良いようです。

 

長寿祝いにふさわしいものを贈ろうということばかりに気をとられてしまうと、本人の望むものにならない場合があります。

 

事前によく話し合って希望を聞いておくことで本人の望むようなものにすることができますので、準備ではしっかりとリサーチをすることが大切です。

 

80歳を迎えるというのは非常に喜ばしいことですので、身内の方で集まって盛大にお祝いをすることもあります。

 

兄弟や子供、孫、ひ孫などに囲まれてその日を迎え、お祝いの日の特別な時間をすごすことは、思い出として長く心に残るはずです。

 

実際に贈るものが何なのかということよりも、何を贈ったら喜んでくれるだろうと考えながら選んでくれたということが嬉しいことですので、それほど堅苦しく考える必要はありません。

傘寿祝いのプレゼントにはメッセージを添える

 

お祝いの品を選ぶことができたら、そこにメッセージを添えることで更に感謝の気持ちを伝えることができます。

メッセージで注意する言葉

メッセージカードを添える際の注意点としては、縁起が悪いとされている4や9は使わないようにし、否定的な表現も避けます。

 

お祝いですので明るくポジティブな内容にして、曲がる、切れる、朽ちるなどの表現は使わないようにします。

 

こまごまとしたことをチェックしていくと難しく感じてしまいますが、要は縁起の悪いネガティブな表現は避けるということです。

基本として長生きをしたことをお祝いするというポイントを外さない

喜ばれる内容としては、お祝いを迎える人が自分にとって大切な存在だということを表したり、日頃の感謝の気持ちを伝えるのもおすすめです。

 

メッセージ中に未来のことに触れるのも良いですので、「これからも充実した毎日を元気に過ごせるように長生きしてください」という言葉を添えると喜ばれます。

 

これらはとてもポジティブな内容であり、お祝いの席にふさわしいメッセージです。

 

縁起の良し悪しなどの基本は押さえなければなりませんが、できるだけ自分の言葉で相手を思いながらメッセージを作っていくことが大切です。

 

形式にとらわれ過ぎると内容が乏しくなってしまいますので、自分の気持ちを伝えることを一番に考えながら最終的にネガティブな内容はないか、失礼にあたる部分はないかをチェックしていきます。

メッセージには感謝を言葉にして伝えたい

 

メッセージを送る人が自分の気持ちをしっかりと表現できればその思いは伝わりますので、難しく考える必要はありません。

 

自分がどのようなメッセージを受け取ったら嬉しいかを考えながら作っていくと、心に届くメッセージを作ることができます。

 

色々と準備をしたら、あとは当日に皆で楽しく過ごすことが大切です。後から思い出しても笑顔が出るような催しにしたいところです。