80歳のお祝い

長寿祝いというと、還暦や古希などを連想する方が多いかと思いますが、傘寿というお祝いはご存知でしょうか。

還暦は満年齢60歳(数え年61歳)を迎えた方を指しますが、傘寿は何歳をお祝いするものなのか、どのような意味を持つのかあまり知られていません。

身近な人が傘寿を迎える時に備えて、傘寿の由来や意味などを知っておくとプレゼントなどをイメージしやすくなります。

そこで、今回は傘寿祝いの由来と歴史、お祝いの時期、傘寿祝いに贈られる定番プレゼントなどについてご紹介します。

傘寿祝いの由来と歴史について

 

世界一の長寿国である我が国には色々な長寿祝いがあります。その1つが傘寿祝いです。還暦、古希などに続く長寿祝いです。

 

なおどうして傘と言うかについては、傘の略字が八十に見えるためです。傘が開く末広がりという意味から、傘と言うようになったとも言われています。

 

80歳の傘寿の人に対しては、いったいどんな風にお祝いすれば良いでしょうか。還暦のイメージカラーは赤色ですが、傘寿は黄色になります。黄色のプレゼントをお祝いに贈っても良いでしょう。

 

傘寿のお祝いをする時期はいつが正解?

 

傘寿祝いに関して、くわしくお話していきます。まずこのお祝いは満ではなく数え年で行います。数え年では生まれた時が1歳です。

 

つまり80歳のこのお祝いの場合、実際のお祝いは79歳でするということです。数え年では誕生日に関係なく年が明けると1つ歳が増えます。

 

ですから、年が明ける前にお祝いしてあげましょう。なお、80歳の誕生日に行ってもかまいません。ご家族や親類などが集まりやすい日に行ってください。

傘寿のプレゼントは何が定番か

 

お祝いに贈るプレゼントについては、上記のように黄色の物を贈りましょう。なぜ黄色なのか説明します。

 

黄色は古くから高貴な気品がある色とされ、紫と共に、地位の高い人を表す色でした。このため、黄色の物を贈ることは、その人に対する尊敬、また敬意を表すことになります。

還暦祝いでは赤色のちゃんちゃんこなどを贈りますが、このお祝いでは黄色のちゃんちゃんこなどを贈ってください。他に黄色の座布団を贈っても良いでしょう。

 

アクセサリーなど身につけるものや陶器なども喜ばれます。また、その傘の字にあやかって傘を贈っても良いでしょう。

オーダーメイドで、似顔絵や名前、イニシャル、またメッセージなどが入った物を作ってもらうのもおもしろいです。

80才という年齢を考慮したプレゼントとは

 

他にも、縁起が良い、黄色の掛物やハンカチなどを選んでもかまいません。「傘寿」という漢字に合わせて傘のプレゼントも人気があります。

豪華な食事をとることができる、食事券などでもいいでしょう。旅行や食事会などの家族と一緒に過ごす時間が何よりのプレゼントになることが多いです。

高齢になった人の中には、物をあまり持っていても仕方がないと思う人も多いです。そういう人には、楽しい体験となる食事をプレゼントしましょう。

歳を重ねた人のライフスタイル、また趣味などはそれぞれです。ご本人が喜ぶ物を選んでください。事前に何が欲しいか聞いてもかまいません。欲しい物をプレゼントされたらすごく嬉しいでしょう。

傘寿のプレゼントに添える熨斗は

 

このお祝いのプレゼントの表書きに関しては祝傘寿、傘寿御祝などと書いてください。失礼がないよう、ていねいに心を込めて書きましょう。

お祝いのパーティの日にどうしても行くことができないという場合は、事前にご家族の方などにプレゼントを渡しておきましょう。

長寿祝いでは、プレゼントはもちろん嬉しいでしょう。けれど、何よりうれしいことはお孫さんなどと過ごせることかもしれません。

プレゼントの代わりに、お孫さんなどと旅行を提案してみても良いでしょう。海外旅行ではなくても、近場の温泉旅行などでも喜ばれるでしょう。

どうしても一緒に行くことができないという場合は、旅行券を贈ってもかまいません。

傘寿年代から子供や孫へのプレゼント

 

80歳のお祝いにもなると、次の世代にバトンタッチするという意味もあります。このため、ご本人が次の世代であるお子さんやお孫さんにプレゼントを贈ることも多いです。

ご本人だけでなくお孫さんやお子さんにとっても、良いお祝いのパーティになるようにしましょう。

ご本人が周りに対して積極的にプレゼントしたり、言葉をかけたりするタイプであれば、お孫さんやお子さんにとっても楽しいパーティになるでしょう。