還暦をはじめとする長寿祝いには、それぞれイメージカラーが存在します。これから傘寿を迎える方がそばにいる場合、何色がイメージカラーか気になりますよね。

今回傘寿は何色がイメージカラーか紹介。傘寿を祝う前に知っておきたい色について解説します!

傘寿は何色がイメージカラー?知っておきたい基礎知識

傘寿(さんじゅ)祝いは80歳の長寿祝いです。還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)の次が傘寿になります。喜寿以降の長寿祝いは基本的に漢字の成り立ちが由来となっているものが多いです。傘寿は、「傘」という字の略字が”八十”と読めることから傘寿祝いになりました。

日本人の平均寿命を考えると傘寿や次の米寿(88歳)からが長寿祝いといえるでしょう。逆に還暦や古希はまだまだ元気な方が多く、現代からすると長寿祝いとは言い難いです。今回は、そんな傘寿祝いのイメージカラーについて紹介します。

・傘寿は黄色?それとも紫?

傘寿祝いを含めた長寿祝いには、すべてイメージカラーが決まっています。代表的なイメージカラーといえば、還暦の赤です。赤いちゃんちゃんこや帽子は還暦祝いの定番です。

そんな中、傘寿祝いのイメージカラーは黄色になります。還暦は赤、古希と喜寿が紫で、それに続く傘寿は黄色です。黄色といって黄金や金茶も含まれるので、黄系のイメージカラーと覚えておきましょう。紫という説もありますが、基本的に黄色がイメージカラーです。

・黄色はどんなイメージカラーなの?

黄色は有彩色の中でもっとも明るい色として知られています。黄色といえば、明るくハツラツなイメージがありますよね。黄色い声援という言葉があるように、良い意味で使われることが多いです。

傘寿祝いの黄色も同じように明るいイメージで使われます。黄色だけでなく、少し落ち着いた黄金や金茶も含まれるので、ただ明るいだけではありません。トーンを落とした黄色は品性を感じさせる色合いでもあります。

傘寿に黄色のプレゼントを渡すなら、明るい黄色ではなく落ち着いた色合いにしましょう。ビビッドな黄色の場合は、派手すぎてプレゼントとして送るには向いていません。少し落ち着いたマスタードカラーなら、どんな方にでも似合いやすいです。

傘寿のプレゼントは黄色のプレゼントを贈ろう!

最後に、傘寿のプレゼントについて紹介します。これから傘寿を迎える方がそばにいる場合は、この章を参考にしてプレゼントを選んでください。

・セーター、マフラー

冬場に傘寿祝いを行う時にプレゼントしたいのが、セーターやマフラーです。傘寿をはじめとする長寿祝いで人気の高いプレゼントで、誰にでも贈れる万能なアイテムのひとつでもあります。セーターやマフラーは実用的なので、贈られて困る方は少ないです。

いまいち、何を贈ったら良いのか分からない方は、セーターやマフラーのプレゼントを考えましょう。

もちろん、プレゼントする際にはイメージカラーである黄色のセーターやマフラーがおすすめです。できるだけ、シックな色合いのものを選べば、傘寿を迎えた方でも落ち着いて着られます。

セーターやマフラーの基本的な相場は、5,000円から1万円ほど。カシミヤなどの素材、ブランドにこだわる場合は、数万円程度の予算が必要になるので注意しましょう。

・花束

誰にでも喜ばれる記念日の定番アイテムといえば花束です。還暦祝いに花束をプレゼントする方が多く、赤いバラを60本プレゼントするのも珍しくありません。傘寿祝いでもバラの花をプレゼントしたいですが、80本とかなりの本数になるので予算が膨れ上がってしまいます。

そこで、傘寿祝いの黄色をテーマにした花束を贈りましょう。黄色系の花を中心に作ってもらえば、華やかで暖かい花束が完成します。

花束の予算はネットか花屋などの店舗によって変わります。ネットの場合は価格が決められているので、ある程度予算が必要になりますが、花屋の場合は予算内に抑えて花を作ってくれます。

例えば、3,000円や5,000円の予算と、傘寿祝いに渡す旨を伝えればその価格以内で最適な花束が完成するのでおすすめです。

・傘

傘寿祝いの文字に着目した「傘」のプレゼント!なんて面白いですよね。実際、傘寿祝いに傘を贈る方は多いです。傘は実用的なアイテムなので、雨の日に役立ちます。一般的な傘ではなく和傘をプレゼントすれば、頑丈で使いやすい機能性と和傘にしか出せない独特の雰囲気で喜ばれること間違いなしです。

また最近では雨の日以外にも使える傘が人気です。傘のみの機能ではなく、日傘としての機能があれば、日常的に使ってもらえます。

傘をプレゼントする際は、イメージカラーである黄色の傘をプレゼントしましょう。もちろん、普段使いする傘なのでビビッドな色合いの黄色よりは、落ち着いた黄色の方が好まれます。

・ティーカップ

普段からコーヒーや紅茶を飲んでいる方にプレゼントしたいのがティーカップです。毎日利用しているティーカップなら、いつでも傘寿祝いの思い出に浸れます。すでに、使っているティーカップがある場合でも、問題なく贈れるので選びやすいです。

ティーカップをプレゼントする際は、できるだけ取っ手が大きいものを選びましょう。傘寿を迎える年齢になると、取っ手が小さい場合バランスが悪くなります。一方、しっかりとした大きさの取っ手があれば、バランスが取れるため落としにくいです。

またいつでも美味しいコーヒーや紅茶を味わいたいなら、保温機能の付いたティーカップがおすすめです。これらのティーカップなら長時間カップを置いていても、中身が冷えることは少なくなります。せっかくの傘寿祝いなので普段は購入しないようなマグカップをプレゼントしましょう。

・タオル

引き出物やお返しとしてもらうことの多いアイテムといえばタオルです。シンプルで使いやすいタオルは、定番のプレゼントで誰に贈っても安心できます。そこで、米寿祝いにも普段使いできるタオルをプレゼントしましょう。

タオルを選ぶ際にはどんな用途に使うか考えた上でプレゼントしてください。最近では、シチュエーション別にセット販売しているタオルもあるので、こちらを利用してもいいです。長寿祝いに適したタオルも用意されているので、予算と相談しながらプレゼントするタオルを選びましょう。

またタオルをプレゼントするなら、米寿祝いのイメージカラーである黄色系がおすすめ。タオルの定番である今治タオルなら、さまざまなカラーやセットを用意しています。少しでもタオル選びに悩んだら、今治タオルを選んでみてはいかがでしょうか。

・似顔絵

米寿祝いに似顔絵をプレゼントする方は多いです。基本的に似顔絵を描かれる機会は少ないので、自分の似顔絵は記念になります。似顔絵をプレゼントする場合は、まず製作会社に写真を送ります。

あとは、写真を元に似顔絵を作ってくれるので、都度確認しながら修正等の要望を出します。問題がなければ似顔絵が発送され、届いた似顔絵はすぐに部屋に飾れるので、プレゼントした瞬間から喜んでもらえます。

似顔絵のタッチは製作会社によって異なるので、さまざまな会社のタッチを確認してください。また額縁などのオプションも製作会社によって異なります。各社の中から一番お気に入りのタッチを提供している会社を選んで似顔絵を依頼しましょう。

・名入れ酒

最後に紹介するのは名入れ酒です。日本酒やワイン、焼酎のラベルの部分に好きな文字が入れられる名入れ酒は人気の高いプレゼントのひとつ。

弊社では、傘寿祝い用の名入れ酒を提供しています。ワイン以外のお酒は黄色い風呂敷に入っておりボトルも黄色です。

箱を開けた瞬間にラベルが目に飛び込んで来るので、普段は言えない感謝の言葉、相手の名前、シンプルに傘寿祝いを祝う言葉を入れましょう。

また、一部の名入れ酒では黄色のちゃんちゃんこと帽子が付いて来るので、ちゃんちゃんこの用意を考えている方は、名入れ酒を購入するだけで準備できます。

こうした名入れ酒の予算は1万円から3万円程度。種類や大きさによって金額が異なります。傘寿を迎えた方がお酒好きなら迷わず名入れ酒をプレゼントしましょう。

まとめ

傘寿のイメージカラーを紹介しました。傘寿祝いは黄色がイメージカラーなので、プレゼントなどを購入する際は黄色を意識してください。傘寿に贈るプレゼントがまだ決まっていない方は、今回紹介したプレゼントの中から選びましょう。

どれもイメージカラーをテーマにしたプレゼントばかりです。本記事を参考にして素敵な傘寿祝いを開催してください!