黄色のプレゼント

傘寿祝いは日本の伝統行事の一つです。

80歳になった年にお祝いとして行われます。

このように呼ばれる理由は諸説ありますが、傘が広がる動作を縁起物としてとらえた説や、傘という漢字を縦書きにして見てみると八十になるという説など様々です。

昔から日本では寿命が長いことをお祝いする風習が存在しています。

他にも還暦・古希・喜寿などがあり人生の節目として古くから祝われてきました。

それぞれ還暦は60歳、古希は70歳、喜寿は77歳を意味します。

傘寿祝いは数え年を使用して計算されます。

数え年は誕生した年を1歳と定めていて満年齢とは異なるので注意が必要です。

誕生日を基準とした満年齢では79歳になりますが、数え年では80歳です。

日本の平均寿命は近年長くなっていて若くて元気なお年寄りが増加しています。

今では還暦・古希・喜寿はまだまだ若いと捉えられるようになってきたので、傘寿になって初めて長生きしたという実感が出てくる人もいることでしょう。

人生の記念となるお祝いなので、節目として心を込めてお祝いすると喜ばれます。

基本傘寿の祝い方に決まりはない

OKサインをする女性

傘寿をお祝いする際に決まったしきたりはありません。

自由なのでそれぞれの家庭で特別な食事や旅行に行ったり、親戚と集まって昔を懐かしむのも良いです。

家族や親戚以外にも仲の良かった友人や会社の先輩・後輩とお話しする機会をつくるということもあります。

日頃は恥ずかしくてなかなか言えない感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスです。

長い間仕事をしてくれたことへの労いや、長生きしてねといった相手を気遣う言葉をかけて親睦を深めます。

傘寿祝いにプレゼントを渡そう

お祝いのプレゼントを渡すのも良いことです。

その際は直接手で渡すことが原則で、これは傘寿に限らず還暦・古希・喜寿でも言えることです。

相手に対する礼儀として主役である年配者に敬意をはらって必ず手渡しをします。

どうしても遠方でなかなか会いに行けない人や仕事などで忙しく時間が確保できないときは郵送するのも一つの手です。

その場合はプレゼントが午前中の時間帯に届くように配慮しましょう。

傘寿には黄色が入ったプレゼントを

光り輝く黄色

プレゼントを選ぶときは一般的には黄色の物が良いとされています。

その理由は黄色が稲穂を連想させて縁起が良いからです。

西日が稲穂に当たったときに金色や金茶色といった美しくて輝いた様子からきています。

そのため厳密に言えば金色や金茶色の物でも可能です。

黄色には明るい印象があり開放的で幸せを運んでくれるイメージがあります。

年齢を感じさせるプレゼントはNG

プレゼントする物に決まりはありませんがいくつか注意しなければいけない点があります。

それは年齢を感じさせない物や使用する用途が限られている物は贈らないということです。

間違った選択をしてしまうと相手を悲しい気持ちにさせてしまう恐れがあります。

贈る人の性格や個性に合った品物を選んで気軽に使ってもらえるようにすることが大切です。

傘寿祝いのプレゼントにふさわしいもの

日傘

贈り物としてちゃんちゃんこや扇子、頭巾などが人気となっています。

ちゃんちゃんこを着用して家族写真などを撮影すると見栄えが良く思い出として記念に残るのでおすすめです。

傘寿という文字に関連してを渡すケースもあります。

女性の場合は男性よりも元気で長生きをする傾向があるので日常的に気軽に使うことができるストールやスカーフや財布なども実用的で素敵です。

必ずこうしなければいけないといったしきたりはありませんが、使い勝手や縁起を考慮して品物を考えることが大切です。

気持ちを込めて真剣に選ぶことで、その気持ちが相手にも伝わるでしょう。

相手が嫌がるような物は避けて、喜んでもらえるような物を探すようにしてください。

花を贈りたいと考えている場合は赤や紫、オレンジなどの華やかで明るい色を選ぶと良いです。

白と青や白と紫といったような不祝儀のときに用いられる色合いのものは縁起が悪いとされているので避ける必要があります。

花の種類は縁起が悪いとされている椿や、仏壇やお墓参りのときに使われる小菊や輪菊などは選ばないようにしましょう。

鉢植えも縁起が悪いと言われているので気をつけるようにします。

プリザーブドフラワーという水やりの手間がかからず長い間楽しむことができるものや、フラワーバスケットという花瓶を準備する手間を省いて簡単に飾ることができるものあるので、相手のライフスタイルに合った花を選ぶと良いです。

予算について

財布と電卓とお金

お祝いにかける費用は一般的に

子供から親へ・・・2万~5万

親戚からの場合・・・5千~1万

孫からの場合・・・1万~3万

が適切だと言われています。

兄弟がいる場合はそれぞれから贈ってしまうと相手に気を遣わせてしまうことになってしまうので、兄弟でまとめてプレゼントすることがおすすめです。

ご祝儀を渡そうと考えている場合はお札の向きや入れ方、熨斗の書き方などに十分配慮して贈るように心がけます。

プレゼントを贈るタイミングも重要です。

食事中だとマナー違反になってしまうので、食事を終えて落ち着いたときに渡すようにしてください。